井上 寛康

Hiroyasu Inoue

兵庫県立大学大学院情報科学研究科
Graduate School of Information Science, University of Hyogo

兵庫県立大学大学院情報科学研究科准教授。理化学研究所計算科学研究センター客員研究員。JSTさきがけ研究員。2011年ノースイースタン大学客員研究員。2018年キール大学客員研究員。博士(情報学)京都大学。専門はネットワーク科学、社会シミュレーション、データ科学。2017年進化経済学会賞。2021年ナイスステップな研究者。

Hiroyasu Inoue is an associate professor at the Graduate School of Simulation Studies, University of Hyogo, a researcher in RIKEN and a     sakigake researcher in JST. In 2011 and 2018, he was a visitor at the Center for Complex Network Research at Northeastern University and     Kiel University, respectively. He earned his Ph.D. in Informatics from Kyoto University in 2006. His research expertise is in network     science, social simulation, and data science. Japan Association for Evolutionary Economics Prize in 2017. NISTEP Selection in 2021.

<講演内容 / Speech content>

本講演では、日本を網羅する企業活動データを用いて個々の企業を把握し、関係しあう企業の動的な振る舞いをスーパーコンピュータ上でシミュレートした取り組みについて報告をする。この研究は、COVID-19をはじめ、地震・津波災害、異常気象などによる経済的リスクをできるだけ正確に把握し、それへの対策と効果を検討する手段となることが見込まれる。従来の経済学ではこのように急激に変化する状況のリスクや施策効果の見積もりはできなかった。我々の研究は、そのような関わりを扱うための分野であるネットワーク科学、大規模データ、スーパーコンピュータを用いながら、これまで明らかにされなかった企業の動的な変化を扱う。

We report results of simulations of the economy in which firms interact with each other through supply chains to replicate actual and large-scale data. In this talk, we show the results of COVID-19 simulations and the capability of the simulation to estimate other economic risks, such as earthquakes and tsunamis, and extreme climate events. Since the conventional approaches of economics cannot deal with the issue, i.e., complex behavior of supply chains, the
simulations are unique. Also, the simulations are interdisciplinary in the sense that they require the knowledge of network science, high performance computing, and big data treatment.

井上 寛康